スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「UNIQLOCK」が新しくなった
ユニクロ_01

ユニクロのWEBキャンペーンのひとつ、
UNIQLOCKが新しくなった。
http://www.uniqlo.jp/uniqlock/
続きを読む >>
タメシ買いを試せず
タメシ買い

10/6から始まったブックオフオンラインの新サービス「タメシ買いicon」。

いろいろと賛否両論あるようだけど、どんなもんか試してみないと
判断できなぁと思ってサイトにアクセスしてみたら、すでに完売状態。
中身のランダムさ加減がスゴそうだけど、試してみたいなぁ。

ランダムに選んだコミックの、第1巻〜第3巻までの3冊が5セット(合計15冊)が入った福袋です。気軽にご購入していただけるよう、販売価格を777円(税込)としています。「タメシ買い」したコミックの続きを読みたい場合は、「オトナ買い」機能をご利用していただくことで、最安値で全巻を購入することができます。
ブックオフオンライン_タメシ買いicon
アマゾンで野菜は売れるのか?
アマゾン_食品ストア


オンラインストアのAmazon.co.jpは、本日10月15日(水)より、新たに「食品&飲料」ストア(http://www.amazon.co.jp/food)をオープンしました。これにより、オープン当初、生鮮食品や飲料を含む28カテゴリーにて、合計20,000点を超える品揃えから提供を開始します。 Amazon.co.jpにおける「食品&飲料」ストアの開設は、Amazon.comを除くAmazonのインターナショナルサイトにおいて初の展開となります。
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20081015/

すべての商品で「配送料無料」とはいかないまでも、
ゴディバジョエル・ロブション聘珍樓など
人気ショップを揃えるあたり、さすがアマゾン。

ギフト需要やおとりよせ需要は想像できるけど
野菜は売れるんだろうか? もやし58円って。。。

アマゾンでの買い物自体は「楽」なんだけど、
買い物の「楽しさ」が薄いんだよね、なんでだろう? 
それでも、アマゾンへの依存率は高まるわけですが(w









ヤマダ電機経済圏、広がる
ヤマダポイントモール

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:藤田晋 東証マザーズ上場証券コード:4751 以下サイバーエージェント)は、株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市 代表取締役 山田昇 東証一部上場証券コード:9831 以下ヤマダ電機)と協同で、ヤマダ電機が運営するショッピングサイト「ヤマダ電機WEB.COM」の会員向けに、インターネットショッピングやサービスを利用した際にもヤマダポイントが貯まる「ヤマダポイントモール」の運営を開始いたしました。
http://www.yamada-denkiweb.com/pointmall/shopping/
http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2008/1015_1.html

「ヤマダ電機の経常利益率の秘密は
ポイントの交換方法で、粗利の低い家電ではなく、
ブランド品のような高い利益率の商品と交換してもらうこと」だと
カンブリア宮殿でヤマダ電機の山田昇会長が言ってたのを思い出した。


コメント:とはいっても、ヨドバシ派ですが何か?
crossreview、はじめました!
crossreview
http://crossreview.jp/hair5mm/

アカウントとってからしばらく放置してたけど
いざ使ってみると、とても使いやすいレビューツール。
カユイところにキチンと手が届く。
レビューを1個書くと、また書きたくなる中毒性もあり。
ブログ放置気味の自分にぴったりなサービスかも。

「BRAVIA」色の銀座ソニービル
LiveColorWallProjrct

ソニーの、Webインタラクティブ企画「Live Color Wall Projrct」。
http://www.sony.jp/products/Consumer/bravia/livecolorwall/

ブラビアサイト内の特設サイトに用意されたパレットから好きな色を選び、
ページ上にライブカメラで映し出されているソニービルに投下すると、
実際のソニービルが選択された色のLED照明で照らし出されるというもの。

何度かアクセスを試みるも、
いつもアクセス集中で遊ぶことができず。

帰宅途中に銀座に立ち寄ったら、
「BRAVIA」カラーの赤に染まった銀座ソニービルに遭遇。
銀座ソニービル

おお、こんな風になってるのね!


▽〈ブラビア〉X1000シリーズ 40V型


UNIQLO JUMP
UNIQLO_JUMP

ユニクロの新しいwebキャンペーン。
http://d.hatena.ne.jp/uniqlojump/

日本全国のユニクロの店頭や名所、公園などで
いろんな人たちがジャンプしている写真をブログに掲載。
ブログシステムは、はてなダイアリー、画像upは、Flickrを使用。
(↑はてなフォトライフを使わないのはなぜ?)
Flickr_UNIQLOJUMP

10/11までのティザーサイトのようだけど、
今度は何をやってくれるのか期待が大きいです。

▽一勝九敗/柳井正


FIREとBOSS
キリン/FIREは、「挽きたて」。
FIRE
http://www.beverage.co.jp/fire/

サントリー/BOSSは、「いいとこドリップ」。
BOSS
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/

訴求ポイントとしては、あまりにもわかりやす過ぎ。

コーヒーの新製法は、すでに出つくした
というのもあるのだろうけど
コーヒーに味わいを求める層が、チルドタイプや、
スタバやタリーズなどのコーヒースタンドに
流れたとも考えられる。

缶コーヒーを飲む層というのは
年々特殊になりつつあるなぁ。

▽おいしい珈琲の事典


Quality Life
QualityLife

全日空、アサヒビール、NEC、ネスレ、日産自動車、資生堂の6社が、
各社の会員に向けた特別プレゼント企画。
コンセプトは「心からリラックスできるオフタイム」。
http://qualitylife2007.jp/

各社が保有している会員をみんなでシェアしよう!
という試みの割には、無難なサイト設計。
これで、会員の相互交換は進むのだろうか?

昔あった異業種合同プロジェクト「WiLL」を思い出した。

▽ブランド/岡康道


ポケットフィルム・フェスティバル
ポケットフィルム・フェスティバル

携帯電話で撮影した映像素材を使った映画祭。
主催は、東京藝術大学とソフトバンクグループ。
http://www.pocketfilms.jp/

ポケットフィルム・フェスティバルは、「実用的なハイテクおもちゃ」が潜在的に持っている映像表現の可能性を探求し、多様なメディアを介して、感性を刺激するコミュニケーションのあり方を築くことを目指しています。実際、それはアーティストにとっても自明ではありません。フランスの若手映画作家ジャン=シャルル・フィトゥスィは昨年、東京藝術大学大学院映像研究科のレクチャーで、古典的な映画作りから携帯ムービーに興味を抱き、1時間を超える長編を撮り上げるに至った動機を次のように語りました。「ある日、ドライヴしていると、平原を横断する雲の群れの影に気づいて、どうしてもそれを撮りたいと思った。でも、あいにくカメラを持っていなかった。全速力で機材を取りに帰っても、同じ光景は撮れない。携帯電話なら、いつでも持っているから、撮りたいと思った瞬間を逃すことはないのだ」。常に持ち歩けるカメラがもたらす、はかり知れない自由と創造的可能性をいかに活用できるのか?本映画祭はそれを問う場でもあります。
http://www.pocketfilms.jp/ja/outline/introduction/

面白いものを見逃さない「観察力」。
間髪いれず行動できる「瞬発力」。
それをカタチに落とす「定着力」。

ものづくりにおいて、この3つの力は重要。かなり重要。

---
・東京藝術大学大学院映像研究科長/藤幡正樹さんのインタビュー
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/36304.html

・ポケットフィルム・フェスティバル(本家フランス版)
http://www.festivalpocketfilms.fr/


▽エンターテイメント映画の文法


▽図解映像編集の秘訣


| 1/2PAGES | >>
プロフィール



followはお気軽にどうぞ(@hair5mm)
Powered by LOGPi

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

コメント

ギャラリー
Powered by Tokyo Art Beat

サーチ