<< 炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(1)前菜編 | main | 炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(3)ホルモン編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(2)極ハラミ編
ぐぅ_ハラミ01

「ぐぅ」には、ホルモンマイスターである店長がオススメする
「<極>メニュー」というのがあるのですが、
最初に出されたのは、その中から「極ハラミ(¥1,580円)」也。

いきなり真打の登場です。
赤身に見えますが、内臓筋。
ほどよくサシの入った牛の横隔膜を、厚めにカットしています。

ぐぅ_ハラミ02

口に入れた瞬間、じわーっととろける脂の甘み。
食べた瞬間、テーブルを囲むメンバーの会話が止まりました。
みんな、心のなかで「極ハラミ」と会話しています(w

「極ハラミ」の味付けは、塩とコショウのみ。

他の部位もそうなのですが、「ぐぅ」で提供されるメニューは、
下ごしらえの段階で味付けされているので、つけダレはありません。
なので食べるほうとしては、焼き加減に集中するだけです。

ぐぅ_ハツ
「ハツ(心臓)」。

「ぐぅ」のハツは、「脂なしの厚切り」と
「脂付きの薄切り」を選べるのですが、今回のコースは後者で。

あまり焼きすぎず、脂がほどよく焼け落ちたころが食べごろ。
付け合わせのねぎを巻いて食べるとgoodです!

ぐぅ_コリコリ01
「コリコリ(大動脈)」。

初体験の部位〜その1。
なかなか噛み切れない手ごわい部位かと思っていたら、
その逆でした。

ぐぅ_コリコリ02

焼きあがりは、イカ似。
鶏の軟骨のようなコリコリ感が良いっす。

本当は硬い部位みたいですが
細かい隠し包丁が入っていてとても食べやすい。
「ぐぅ」スタッフ、技術の勝利です。

さて次は、いよいよホルモンの登場です。


→「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(3)ホルモン編へ
←「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(1)前菜編へ

炭火焼肉ホルモン「ぐぅ」
http://r.gnavi.co.jp/b705900/
東京都中央区八重洲1-7-3
03-5255-3729(ミナニク)
17:00〜03:00(L.O.02:00) 
定休日 日曜・祝日

炭火焼肉ホルモン「ぐぅ はなれ」
東京都中央区八重洲1-7-5 太田紙興八重洲ビル6F
03-3516-3729(ミナニク)


banner_goo.gif
スポンサーサイト

コメント
こんばんは。先日は、お疲れ様でした。最後、カウンターでお話をさせていただきました。

どれもおいしかったですよね。特にこの極ハラミにやられました!

そして、カテゴリに「ぐぅ」を作られたとは。まだまだ行く気満々ですね。
| ピッコロ | 2008/10/30 11:50 PM |
>>ピッコロさん

先日は、おつかれさまでした!
いやー、楽しかったですねー!

確かに、この「極ハラミ」、
もちろんおいしいのですが、
お腹をすかした状態で一番最初に食べる、
ってのが、さらなるおいしさの秘密ではないかと。

「ぐぅ」行くと思います、近日中に(w
| hair5mm | 2008/10/31 2:52 PM |










この記事のトラックバックURL
http://hair5mm.jugem.jp/trackback/107
トラックバック
プロフィール



followはお気軽にどうぞ(@hair5mm)
Powered by LOGPi

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

コメント

ギャラリー
Powered by Tokyo Art Beat

サーチ