<< 炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(2)極ハラミ編 | main | 炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(4)マッコリ編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

炭火焼ホルモン「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(3)ホルモン編
ぐぅ_ホルモンとミノ
「ホルモン(大腸)とミノ(第一胃)」。

どちらも甘めのタレに漬け込んである
「ぐぅ」オススメの一品。
ぐぅ_ホルモン

焼いて、焼いて、パクっと。

ぐぅ_網

ホルモンをはじめタレ系のメニューは、すぐに網がこげるのですが、
「ぐぅ」スタッフの気配りがさすが。

こちらがお願いする前に、
「網、とりかえましょうか?」と一声かけてくれます。
これぞホスピタリティー。ストレスなしで焼肉続行です。

ぐぅ_ショウチョウ
「ショウチョウ」と、

ぐぅ_マルチョウ
「マルチョウ」。

どちらも牛の小腸ですが、
「ショウチョウ」は、さばいたもの。
「マルチョウ」は、開かずに裏表にひっくり返したもの。

「マルチョウ」は、中に脂がたっぷりなので
網の上で、コロコロ転がしてジワジワ焼きます。この作業がオモロ。

ぐぅ_マルチョウとねぎ

で、付け合わせのねぎをのっけて、パクっと。

ぐぅ_ヤン
「ヤン(胃と腸のつなぎめ?)」。

初体験の部位〜その2。
「コリコリ」とは、また違ったコリコリ感だったけど、
食べることに夢中であんまり覚えてません。スミマセン。


→「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(4)マッコリ編へ
←「ぐぅ」の“ホルモンナイト”(2)極ハラミ編へ

炭火焼肉ホルモン「ぐぅ」
http://r.gnavi.co.jp/b705900/
東京都中央区八重洲1-7-3
03-5255-3729(ミナニク)
17:00〜03:00(L.O.02:00) 
定休日 日曜・祝日

炭火焼肉ホルモン「ぐぅ はなれ」
東京都中央区八重洲1-7-5 太田紙興八重洲ビル6F
03-3516-3729(ミナニク)


banner_goo.gif
スポンサーサイト

コメント










この記事のトラックバックURL
http://hair5mm.jugem.jp/trackback/108
トラックバック
プロフィール



followはお気軽にどうぞ(@hair5mm)
Powered by LOGPi

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

コメント

ギャラリー
Powered by Tokyo Art Beat

サーチ